エネルギー革命フロンティア|シェールガスなど次世代エネルギー

アメリカがアジア帰還(pivot to Asia)政策を宣言し、今後(シェールエネルギー開発で)中東エネルギーに依存しない形態にシフトしていく。

 

アメリカ、ヒューストン大学のラマナンクリシュナムルティ教授(エネルギー学科長)は“アメリカが外国産のエネルギーから独立することになって、少し保守的な傾向を見せている”と述べた。 シェールエネルギー開発で外国エネルギーに対する依存度が減って、アメリカが中東に対する関心を減らし国内のエネルギー開発の問題に対応する余裕を持つことになったという意味だ。

 

■シェールガス開発でアメリカの対外政策にどんな変化がおきたか?

 

中東エネルギーに過去より依存度が少ない状況になった。例えば15年前中東の重要国家であるエジプトで最近の(軍部クーデター)状況が起きたとすればはるかに深刻な問題になっただろう。今となってはその影響力ははるかに減る。一部中東国家はアメリカのこのような変化を憂慮している。

 

最近サウジアラビアが国連安全保障理事会非常任理事国席を断ったのもそのような意思表明だ。 ロシアがガス供給を利用してヨーロッパ国家に行使してきた影響力もアメリカのエレンジ輸出という代案の登場せいで制限的に変わった。 エネルギーの地政学が非常に微妙に変わっているが、ロシアと中東国家には政治的な意味が大きい。

 

■現在までシェールガスの大規模開発に成功した国家はアメリカとカナダ程度だ。

 

他の国家もシェールガス開発に成功することができるだろうか?アメリカ・カナダの他に中国とアルゼンチンなどが積極的に動くようだ。

 

アルゼンチンはアメリカ企業で技術を導入していて開発成功の可能性も高い。
中国企業らもアメリカで一部シェールガス鉱区を賃貸したり投資して技術を積極的に習っている。 だが、中国中で開発するにはシェールガス開発に入るばく大な量の水が不足して人口密度がとても高いという点などの困難がある。”

更新履歴